So-net無料ブログ作成
検索選択

ユウの日記

私ユウ(本当はめぐみ)が綴る日記です。日常に起こっている出来事に関しても書いています。

 

カテゴリー:気象

台風13号が発生! それよりも台風11号に要警戒! [気象]

台風11号が日本に接近しているニュースを頻繁に聞くようになりましたね。

台風11号は勢力が強く、日本に高い確率で上陸する可能性があるそうです。


そんな中、台風13号が発生しました。


tay3.png
※ jma.go.jpより引用



(台風13号、7日15時現在)
・ 強さ           : 非常に強い
・ 存在地域        : ミッドウェー諸島近海
・ 進行の方向と速さ  : 西北西に時速30km
・ 中心気圧        : 950hPa
・ 中心付近の最大風速: 50m/s
・ 最大瞬間風速     : 70m/s


勢力は日本に近づいている台風11号より強いです。

しかし、この台風は日本に大きな影響を与える可能性は低い模様です。


発生したのはミッドウェー諸島の近海で日本から東にかなり離れていますし、
進路予想を見る限り日本へは届かないと思います。
(届いても、北海道東北地方に影響が出る感じでしょうか?)


台風は高気圧の中を進むことができないのだそうです。

夏は日本の東側に高気圧が張っているので、近づきづらいということです。

そのため、付近を走行する船舶や航空機は警戒する必要があります。


tay2.png
※ jma.go.jpより引用、左側が台風11号で右側が台風13号


それよりも、日本に近づいている台風11号に警戒が必要です。

先日、四国では大雨で土砂崩れや河川の増水があって被害を受けたところがありました。
被害のあった地域では、さらなる被害が起きやすくなると思いますので警戒してください。


今からでも、避難所の確認や避難の準備をしても遅くありません!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今後の台風11号の進路は? 四国・中国地方は要警戒! [気象]

台風11号は日本列島に向かって進んでいます。


tay.png
※ jma.go.jpより引用


進路予想を見て、私は2004年の台風18号と2005年の台風18号を思い出しました。

どちらも、九州に接近して北海道まで台風として移動していた強力な台風です。


2004年の台風18号では、広島市で最大瞬間風速60.2m/s、札幌市で最大瞬間風速50.2m/sを観測するなど、ここ十数年の中では猛威を振るった台風だと思います。


ここで、気になるのが台風11号の今後の進路ですよね?


台風は高気圧の中を進むことができないので、高気圧の縁に沿って進むのだそうです。


その考えからすると、台風11号は高知県に上陸して北上して北海道へ進むものかと思われます。



高知県では数日前に記録的大雨があり、地盤が緩んでいます。

この状況の中で、さらに大雨が降ると土砂崩れや河川の増水が起こります。



今からでも対策を練っておいた方が良さそうです。




台風11号で予想されること

・ 高知県か愛媛県に上陸する
・ 高知県や徳島県で引き続き避難指示がなされる
・ 各地で最大瞬間風速30m/s超えの暴風が吹く可能性がある
・ 日本海に抜けて北海道や東北に接近・上陸する可能性がある



台風が近づいてきたら、

・ 海や河川に近づかない
・ 急な斜面のそばから離れる(避難する)
・ 心配事があっても外に出ない
・ 最寄りの避難所を確認し、避難の準備をする

これらの注意を守ってください。


今後の台風11号の進路が気になるところです。



※ あくまで一素人の意見ですので参考程度に。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

台風11号の進路予想はどうなる? そして最新の情報は? [気象]

台風11号が日本列島に向かって北上しています。


tay.png
※ jma.go.jpより引用



・ 進路予想を見て本州に上陸するのではないか?
・ 今後の進路はどうなるのか?

と心配している人も多いかと思います。


おそらく、今回の台風11号は九州よりは四国側に接近して列島に上陸するものだと思われます。

それに伴って、中国地方や四国地方に大雨と暴風が襲う可能性があります。


さらに、ここで問題があります。



もし、台風が強い勢力のままだと日本海に抜けて北海道に接近・上陸する可能性があります。



そうなると、北海道を結ぶ列車や飛行機の便がすべて運休になる可能性が高いです。

特に、JR北海道は事故防止のために危険だと判断した場合は即運休になります。


お盆のシーズンに入りますから、影響は大きいこと間違いありません。


ちなみに、新千歳空港(札幌)~羽田空港(東京)の利用者が日本の中では最大規模と言われています。


ですから、このままの進路予想で台風11号が進むと交通機関には大きな影響が出ます。



もし今の段階で、

・ 北海道へ観光帰省で向かう
・ 北海道から北海道内や北海道外へ帰省する

ことが決まっている人は予定に余裕を持った方が良さそうです。

台風11号が来てからでは遅いですから。



今後の台風11号の進路予想から目が離せません。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東京で震度5弱。 首都直下型地震との関連は? 岐阜の頻発地震にも要注目! [気象]

5月5日早朝、東京で最大震度5弱の地震が起こりました。

地震が発生した時間は午前5時18分で、マグニチュードは6.2でした。



fasfrgt.jpg



朝に突然起こったということで驚いた人が多かったのですが、震源地は東京から離れた伊豆大島近海でした。


なぜ、震源地からかなり離れたところで最大震度を観測したのでしょうか?




これは、震源の深さが160kmであったからだということです。

震源が深い地震の場合は、震源から遠く離れていても大きな揺れになることがあります。


今回の地震では、太平洋プレートにそって地震の波が早く伝わったことが影響していると考えられています。
また、地盤の軟らかさや硬さにも依存するそうです。


ddsaw.png

ha.l.png




今回の地震は、最大震度が5弱で済んだため大きな被害がありませんでしたが、
もし、最大震度が6弱以上になっていたらゴールデンウィークのUターンラッシュに大きな影響を与えていたことでしょう。



また、今回の地震は首都直下型地震との関連性は薄いとのことです。

しかし、首都直下型地震はいつ起きてもおかしくない状況にあります。
非常食の準備や避難場所の確保など、いざというときに備えておいた方がよさそうです。


fjdsi.jpg

fdjsfgg.jpg



話が変わりますが、最近では岐阜県で震度1~震度3の地震が頻発しています。
岐阜県の地震の場合は、今の段階で大きな地震が起こっていませんが、突然地震が頻発したら大地震につながるということをおぼえておくとよいです。


例えば、2010年には北海道札幌市周辺で震度1~震度2の地震が頻発していました。
そして、1回緊急地震速報を伴う地震が起こりました。(最大震度3、局地的には震度5弱を観測していた)

そのほかにも、阪神淡路大震災でも震災前に小さな地震が頻発していたそうです。




地震は日本にいるなら、どこでも起きることを覚えておきましょう!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。